(c) 2014 AMATEUR'S LABO All Rights Reserved

  • Black Instagram Icon

お休みはいつ?
 

不定休です,常在してません

暗室体験レンタル共に必ずご連絡ください

暗室体験に参加したいのですが

カメラを持ってません
 

無料レンタルをおこなっています
体験へは手ぶらで参加可能です。

 フィルムカメラって
お金が掛かりそう

 

モノを消費しつつ写真を撮るので
その消費量に応じて金額が上下します
ただ、機材は長く使えますし
とにかく安く手に入ります
長い目で見ると、使い方によっては
デジカメよりも経済的かもしれません

上手くなってから
フィルムカメラを使うべき?


そんなことはありません
デジもフィルムも同じカメラです
結果がすぐわかるのでデジの方が
イメージに近づけやすいだけ
カメラの仕組みを理解してれば
同様に扱えます

フィルムしかない時代、
カメラを持ってる人がみんな上級者
というわけではないですよね

カメラの知識、暗室の知識が全くないけど大丈夫?
 

全く問題ありません!初心者を対象としています
案外簡単な作業ですのでご安心下さい!

どうやってフィルムから写真をつくるの?
 

まずはフィルムの現像です
全暗でフィルムを専用リールに巻き取り
現像タンクに入れます
各処理時間で、現像液,停止液,定着液の
処理をおこないます
水洗をして乾燥させるとネガが完成

暗室内でネガを引き伸ばし機にセットし
印画紙に光を投射します
この際の投射秒数により濃さが決まります
現像液,停止液,定着液の順で各バットに
露光済みの印画紙を浸していきます

こんな感じで写真が焼けます
時間は掛かりますが、意外と簡単な作業…

なかなか言葉では説明しにくい点もありますので、
興味のある方は暗室体験にご参加下さい笑

 

 デジとフィルム、どっちが綺麗?
 

何をもって綺麗と言うのか…
使いたい方を使いたい人が
使えばそれでいいと思います

個人的にはフィルムを
おすすめします笑
考え、向き合う時間が作れます

選択肢の1つとしてフィルムを
使う人が増えたらいいなと思ってます
まずはお試しあれ!