検索
  • Shoichi Aoyama

真冬の体験レポ…

真冬の暗室体験のレポート! 頑張りが足りず、追いつかない! 先日50回目の暗室体験を開催しました笑 ながーく活動していこうと思います^^

【1/11(土) 第34回】

満員御礼、4名での開催でした。

この日は日本人、オーストラリア人、中国人と賑やかな感じでした^^

フィルムカメラを使っている方や美大の留学生などといった感じでして、グループでの参加でした。

レンタルはYASHICAMAT 124GとPENTAX645,OLYMPUS OM-2SPでした。 1名はマキナ67で参加(羨ましい)

自分も仕入れたばかりのSAMURAI(京セラ)で一緒に撮ってました。

お天気も良くとても写真が撮りやすかったです。

雑司が谷をふらふらと撮影。同じ場所に行っているのに見てるものが違うのは面白いですね。

毎回とても楽しいです。

ラボに戻って昼食を取り、フィルム現像へ。。

ブローニーが2本と135mmが2本という感じでしたので、別々のタンクで処理をしました。

毎度お馴染みの難関、リール巻きはテストフィルムを使って体験していただきました。

数は多くないのですが、たまにはじめてでもすんなり出来る方もいらっしゃいます。やっぱり手先が器用な方ですね。

何度も練習するとコツがつかめるので、最初出来なくても全然気にすることはありません、はじめてやる事に失敗は付き物です。

ただ、暗室体験でフィルム現像失敗となるとちょいとしんどい… ということで、本番フィルムは私が代理で巻くスタイルです。

強制ではないので、ご希望があればご自身で巻いてもらっても構いません^^ 必ずチェックするので、失敗していてもフォローできますので!

フィルム現像は問題なく終わり、乾燥後に暗室でのプリントです。

コンタクトプリントを作り、実際に六切に引き伸ばすカットを決めていただきます。

写真の明暗を決めたりコントラストを変えたり…1枚のプリントを仕上げるために何度かテストを行います。

テストの結果をみて、本番プリントへ… この回はなかなか良いプリントが仕上がりました。

特に645で撮ったポートレートの印象が強かったですね、やっぱりいいなあと機材の良さを暗室体験でレンタルして再確認笑

みなさんに楽しんでいただけてとても嬉しかったです。そんでとても賑やかで楽しい体験でした!

ぜひまた遊びにいらしてください!

【1/31(土) 第35回】

2名での開催でした!

前日に雪が降ってましたが無事開催できました^^

というか全く季節感のないブログですね。

全然進まない…多分向いてないのだと思う、こういうの笑

でも頑張っていこうかと思います。自分で始めた事ですしね…はい。

この日は暗室経験のある方と初心者さんでした。

こういう場合は初心者さんに合わせてお話しをします。もちろん詳しい話が聞きたいときは随時聞いていただいて大丈夫です。

初心者だし1人だしなかなか暗室体験行きにくい…とお悩みの方がいるかと思いますが、杞憂ですよ!!笑

とにかく暗室を楽しんで欲しいという思いでやってます。初心者でも絶対に楽しい1日になりますのでご安心ください^^

お気軽にご参加くださいませ!

ちなみに35回目にして昼食をお店で食べるという初体験をしました笑。

と言うのも参加者さんからのご要望でして。でもこれ以降外で食べる機会がちょこちょこ増えました。

知らないお店とかもあったので近所の新しいスポットを発見できて嬉しいです笑

撮影、現像、暗室作業を全てスムーズに出来ました!

超省略してますが笑、本当にスムーズに行きまして…笑

リアルタイムで書いていないのが1番の原因なんですけど、同じ事ばっか書いてる感じなんですよね…

反省ですね、もっとペース上げないと…ちょっとレポートの書き方も考えないとなあ。

だんだん記憶も薄れていくし…人間だもの…

お二人とも別々に参加してくださった方なのですが、その後レンタルで使っていただいたり、再度友人と共に体験に参加してくれたりしました^^

とても嬉しいです、こういうの。

ぜひまた遊びに来てくださいませ!今後ともよろしくお願いいたします^^

【2/21(土)第36回】

前回参加してくださった方が友人と共に参加してくれました!

3名で開催!

事前にお送りしている資料を基に、写真についてのお話し,カメラの仕組み,絞りやシャッタースピードのお話しなどを最初にします。

その後フィルムをお渡しして屋外での写真撮影です。

近所の鬼子母神などに行ってみたり、雑司が谷霊園周辺などにも行ったりします。

霊園がなかなか良いスポットでして、個人的にはオススメです。

教科書に出てくるような著名人が多く眠っております。

夏目漱石,永井荷風,島村抱月,小泉八雲,竹久夢二,ジョン万次郎,金田一京助などなど…ざっと覚えているだけでこの面子…豪華でございます。

だからどうって話しかもしれませんが、とにかく雰囲気の良い霊園なのです。

1度訪ねてみるのが良いと思いますよ~。その際はラボにも遊びに来て下さい^^笑

で、この日は女性3名に囲まれつつ良い天気の中素敵な暗室体験を致しました。

レンタルはNikon FEとF4,RICOH GR10でした!

サクサクと周辺を撮影して、お昼ご飯はインドカレー屋さんに行きました。うまかったなあ。

とまあそんな感じでお腹を満たした後はラボでフィルム現像と暗室作業です。

フィルムもプリントも基本的には同じ現像工程になります。

現像(フィルムと印画紙では別の薬品)、停止(現像の進行を止めます)、定着(浮き出た像を定着させます)、水洗(説明不要)の順に処理をします。

液体の温度や処理時間によって結果が変わるので、その点はしっかりと確認して作業していきます。

36回目の暗室作業も無事に楽しく終えることができました!

みなさんありがとうございました^^

ぜひまた遊びに来てください!!

ひとまず今回のブログはこの辺で!

最近オリジナルグッズの販売を開始しております。

少し違う角度からフィルムや暗室の魅力をお見せできたらなと思い作っています。

たくさん着てフィルムの世界に人々を引きずり込むツールとしてご活用ください!

何かリクエストなんかもあればお教えくださーい。

出来る限り答えていこうと思いますので!!