検索
  • Shoichi Aoyama

暗室移転完了してます!

今年もよろしくお願い致します。 このブログほぼ年一の更新です笑 年明けてから更新予定でしたが少し遅くなってしまいました。 11月に無事移転も完了しまして、新暗室も少しずつ仕上がっております。 来月で6年経つわけですが、相変わらず楽しくやっております。 もっと忙しくなってもいいなあと思いつつ、暗室を活用してくれる方々が少しづつ増えていくのがとてもありがたく嬉しいです。 2019年はここ数年で一番スキルが上がった年な気がします。特にカラーフィルム現像と暗室での手焼き作業。写真家のフィルム現像や展示用のプリント制作をたくさんやらせてもらいました。もっともっとフィルム現像、手焼きプリントのお仕事したいのでお声掛けください。全て手作業なので、あれこれオーダー可能ですので。この辺もプロアマ関係ないので展示用、仕事用、自宅用、贈呈用どんな用途でも大丈夫です。どんなこと今までやったのかはこちらをご覧ください◎ 暗室が好きで写真撮ってるだけあって、他人のフィルム現像とか手焼きプリントするのとても楽しい。 先日インスタでフィルム現像の実験をしたいので、撮影してくれる人募集したら意外とたくさんの方からリアクションありまして、ありがとうございます。 今回はかなり実験的なことに挑戦する予定でして、どんな仕上がりになるのか見当もつきません。 楽しみですね〜、これでまたスキルと経験値が上がるわけです◎ どんなジャンルでもそうですが、失敗を恐れずちゃんと失敗することが大切だと思います。 何が原因でうまくいかなかったのかをきちんと検証していくことで、成功に近づこうとする行為が大事なことだなと。。 年末バタバタしてたんですが、年明けてから少し落ち着いてます。 暗室体験もレンタルもオーダーも受けてますので、お気軽にご連絡ください!

画像は昨年鳥取に行った際に撮影したものです。 コンパクトカメラでタイミングを見計らいながらシャッター切りました。 どうしてもタイムラグが発生してしまうので、少し早めのイメージでシャッターを切ると◎ PENTAX 120Mi / ILFORD XP-2 / 自家現像 C-41(カラー現像処理)できることで有名なXP-2ですが、自家現像ももちろんできます。あまり推奨されていないような記事を散見しますが、個人的にはかなり気に入って使ってます。少しコントラストが上がりやすい感じはありますが、現像液変えたりレシピ変えたりして現像しています。まだ決まったレシピはないので、もう少し調整しなきゃいけんなあというところです。引き続きやってみます〜。

最新記事

すべて表示

【暗室移転します】

突然ですが暗室を移転します!(画像は最初期のAMALABOの様子) まあこの手のお知らせは常に突然なんだと思いますが。 個人的な作業場として約7年、レンタル暗室として稼働し始め5年8ヶ月、、! あっという間にこんなに時間が経ったんですね、感慨深い。 とはいえ、建物の取り壊しを8月末に告げられ、超バタバタしてたのでのんびり振り返る感じでもなく、、 奇跡的なスピードで移転先が決まり、賃貸契約もほぼ完了