検索
  • Shoichi Aoyama

平日開催!第10回レポ!

こんにちはー。

暗室体験、順調に回を重ねる事が出来ております! ありがたい。

先日14回目の体験を開催し、今週末は金土と2日連続で開催が決まっております。

リピーターさんも徐々に増えております!嬉しい!

とにかく長く長く続けていきたいので、リピーターさんの存在はとても心強いのです。

楽しいフィルムとの時間が提供出来るように頑張っていきます^^

誰でも気軽に、気の向いた時に遊びにいける暗室にしたいですね。

では、今回は5/2(金)に開催した10回目の暗室体験のレポートです。 この日はたくさんおしゃべりしてたので写真が少ないです笑

そしてなかなか追いつかない…><

平日開催という事もあり、2名の参加者さんでした!

おふたりともフィルムユーザーでしたので、露光済みフィルムの現像からスタート。

こんな感じで体験のスケジュールをアレンジ可能ですので、ご希望の方はご相談くださいませ^^

露光済みフィルムをお持ちいただいたのですが、大昔のプレスト100を初めて目にしました。

アクロスではなく、プレスト100という銘でフジがフィルム出してたの知りませんでした。

驚き!

ただ、古すぎて全体的にうっすら感光しちゃってました…

フィルムは長期間置いておくと、自然生じる放射線の影響を受けて感光してしまったりするのです。

感度100のフィルムが天然放射線の影響を受けて感光するとか、なかなかの年代物ですよね。

あのパトローネ欲しかったなぁ笑(参加者さんお持ち帰り) 羨ましい!!

フィルム現像、暗室作業共に大きな問題もなくできました。

やはりフィルム現像のための「リール巻き」が難しいようで、少し苦戦しておりましたが。。

暗室作業に関しては、毎度の事ですがもう少し時間が欲しいなと思いました。

もちろんそれなりの写真を焼き上げる事は出来ましたが…

完成して手にするのはプリントした写真ですので、結果の質をもっと上げるべきだと思っています。

時間の関係上どうしても制限が出てしまうのが悩みどころですが…。

いつも参加者さんが楽しく体験してくれるのはとても嬉しいのですが、所用時間や仕上がったプリントの質について色々と考えてます。

近々暗室体験のタイムスケジュールや内容を再考し、変更する予定です。

より楽しくスムーズに、質の良いプリントを手元に残す事が出来るようにしようと考えてます。

回を重ねるごとに、amalaboの体験の改善点が見えてきます。

参加してくださる皆さんのおかげです、本当にありがとうございます。

理想とする物がある以上、それについて常に考え、実行していかなきゃいけないと思ってます。

自分が満足しないものでも他者を満足させる事は可能ですが、それが理想の形とは到底いえませんし…

これからも地道に楽しく頑張っていこーと思いまーす!!

ではまた^^