検索
  • Shoichi Aoyama

久しぶりの更新 (第7回レポ等)

だいぶ更新が遅くなってしまいました… 良くない傾向ですね… きちんと更新しなくては><

という事で…

4/6に7回目の暗室体験を開催しました! 土曜日に出来なかったので振替という事で日曜日開催でした^^ みなさんとても楽しそうですごく嬉しかったです。

フィルムを自分で現像していく事の面白さを体感していただけたと思います! 二眼に取り憑かれてしまった方(その後購入したようです笑)や、フィルムカメラがとっても欲しくなってしまった方(今度相談しに来てくれるとのこと!)など、いい感じに引きずり込めたかなと笑

今回は特に大きな事件も無く、スムーズに体験をして頂けました! もちろん現像もばっちりです。 初めてとは思えないほど綺麗なプリントをする参加者さんもいて、とてもいい体験になったのではないかと思います。 部屋に飾ったり、持ち歩いて自慢したり(笑)してください!

いつも言うのですが、フィルムカメラはそんなに高くありません!! フィルムを買ったり印画紙を買ったりと小さな出費の数が多いだけで、付き合い方によりますが決して「高価な趣味」では無いと思うのです。 贅沢だとは思いますが… 何となくフィルム関連の物は高価!というイメージがあるようですね。 そのせいでなかなか踏み出せない方もいるようですが…

次から次へと新製品が出て、機能の追加、画質の向上などを追いかけている方がよほど「高価な趣味」だと思ってます。 フィルムカメラには様々な種類があり、とても安価で購入出来る物もあります! 写りの善し悪しや、好みはありますが、写真を撮るという事自体はきちんと出来るので、まずは安価な機種で初めてみると言う選択肢はいかがでしょう? 食わず嫌いほどもったいないことはありませんよ。 やってみて性に合わなければやめれば言い訳でして。 以前、デジタルの上位機種+交換レンズ等の出費とフィルムカメラの出費を考えたのですが、同じ出費でだいたい4,5年くらいフィルムカメラで遊べます。 諸条件ありますが、その話しはまた今度…

暗室体験ではカメラをお貸しして、フィルム現像をして、暗室に入って…という作業が1日で出来ます。 「フィルムってどんなかんじ?」 というスタンスで結構ですので、ぜひ1度体験してみてはいかがでしょうか?

暗室体験に参加していただくも良し、ふらりと遊びにくるも良し! フィルムに興味をお持ちいただけるのは最高に嬉しい事ですので、全力でサポートします^^

明日は平日ですが、ご希望があり暗室体験を開催する事ができます。 ありがとうございます!

本日(27日)まで受け付けてます、ご都合の良い方はぜひ。 その他の日程でも随時参加者募集中ですので、カレンダーをチェックしてみてください。